show_source

highlight_file/show_source関数:PHPのソースコードをブラウザで見やすく表示する

使い方
highlight_file( $path_to_phpfile );
show_source( $path_to_phpfile );

関数の名が示す通り、PHPのソースを見やすくしてくれる関数です。
実行すると標準出力にソースを見やすいようにHTMLに変換して出力してくれます。
第2引数にtrueを指定すると関数の戻り値として、HTMLを得ることもできます。
でも手っ取り早くviとかテキストエディタとか、IDEで開けばいいじゃんと言われたら何も言い返せません。
使い方があまりに限定されているような気がしてならない不憫関数です。

※show_source関数はhighlight_file関数のエイリアスです。

ブラウザで見るとこんな感じに表示されます。
highlight_file関数を使って表示した結果

使いどころ
PHPのソースをサイト上で手っ取り早く公開したい時にはこれでしょうね。
ハイライトもしてくれるので親切なんです。
ApacheのAddTypeディレクティブを使ってこんな風に書くとファイルの拡張子をphpsに変えるだけで見れちゃいます。

AddType application/x-httpd-php-source .phps

公式サイトマニュアル
http://www.php.net/manual/ja/function.highlight-file.php