json_encode

json_encode関数:配列やオブジェクトをJSON文字列に変換する

ここ数年、Javascriptでのオブジェクトの扱いやすさから、サーバサイドとのAjax通信にはJSONを使われる機会も多くなってきたのではないでしょうか。
おそらく多くの方がこの関数を使ったことも増えてきたのではないかと思いますので、改めてご紹介します。

JSONとは

JSON(ジェイソン、JavaScript Object Notation)は軽量なデータ記述言語の1つである。構文はJavaScriptにおけるオブジェクトの表記法をベースとしているが、JSONはJavaScript専用のデータ形式では決してなく、様々なソフトウェアやプログラミング言語間におけるデータの受け渡しに使えるよう設計されている。(※Wikipediaより引用)

詳細な仕様は省きますが、たとえば下記のような文字列としてオブジェクトを表現することができます。

{
    "name": "Earth",
    "radius": 6356.752314,
    "surface_area": 5.100656e8,
    "atmosphere": ["nitrogen", "oxygen", "argon", "carbon dioxide"]
}

それでは使い方をご紹介します。

続きを読む