range関数:一定範囲の連続した値を持つ配列を作成する

使い方

$vars = range( $start, $end, $step );

PHPにはわざわざfor文を使って作らなければならないような配列も1発で作ってくれる、これまたやらしい関数があります。
例えば2から100までの偶数だけを値に持つ配列を作るなんてことが可能です。

サンプルプログラム

<?php

$even_nums = range(2, 100, 2);
var_export($even_nums);

実行結果

array (
  0 => 2,
  1 => 4,
  2 => 6,
  3 => 8,
  4 => 10,
  5 => 12,
-- 途中省略 --
  46 => 94,
  47 => 96,
  48 => 98,
  49 => 100,
)

第1引数には開始する数値、第2引数には終了する数値、第3引数には間隔の数値を指定することができます。
第3引数は省略可能で、省略すると1ずつ増える値の配列が作られます。

なお、配列の添字は勝手に0から順に割り当てられますのであしからず。

使いどころ

これまでわざわざfor文で書いていたと言う人も多いのではないかと思います。
使えるところはかなり限定的ですが、この関数を使えば割とすっきりとコードが書けるところもあるかもしれません。

公式サイト

http://php.net/manual/ja/function.range.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>